fripSide楽曲感想

Edge of the Universe​ 【infinite synthesis4 楽曲感想】fripSide

2018年10月10日発売のfripSide5枚目のアルバム「infinite synthesis4」の楽曲感想を書いていく連載企画です!

infinite synthesis4は王道的なfripSideを感じつつも新しい挑戦をしているアルバムで、
心に突き刺さる楽曲たちばかりです。

第一回目の本日は「Edge of the Universe​」の感想を書いていきます!

楽曲情報

Edge of the Universe​
作詞:八木沼悟志
作曲:八木沼悟志
編曲:八木沼悟志

fripSideニューアルバムが辿り着いた新境地

Edge of the Universe​はinfinite synthesis4の世界を一番に感じることのできる楽曲です。

前作のinfinite synthesis3やスペシャルアルバムである「crossroads」を経て、fripSideの新しい姿を強烈に印象づけた曲でもあります。

infinite synthesis3のコンセプトにもなっていた宇宙感を引き継ぎつつ、infinite synthesis3で旅だった宇宙船が到着した先を感じます。

メッセージ性の強い楽曲がfripSideのアルバムには含まれているのですが、今回はこの曲がその役割を果たしていると思います。

アルバムMVもEdge of the Universe​で作成されていますし、様々な想いが込められた楽曲だと感じました。
それでは、詳しく感想を書いていきたいと思います!

遥かな時を超えて生まれ変わったデモ音源

Edge of the Universe​は南條さんの歌い出しから始まる楽曲ですが、その歌い出しが少し浮遊感があり、楽曲の宇宙を感じさせる様になっています。

少し感傷的な感情を誘うような切なくも力強いメロディとサウンドとなっています。

fripSideらしい疾走感も感じるのですが静かに秘めた熱さも兼ね揃えていると思います。
このあたりはinfinite synthesis3で感じた「大人」サウンドの延長線上にあるきもします。

そしてこの曲のサウンドには更にサプライズが含まれています。

この曲のイントロはなんとsatさんが約15年前の2003年10月23日に書き出したデモ音源から広がっていった曲となっています。

デモ音源ではあるのですが、最後まで聞いていると1期の楽曲の「transitory orbit」のメロディが聞こえます。
タイトルも「tra3」となっているので制作過程のものだったのでしょう。

その音源が遥かな時を超えて、infinite synthesis4を代表する曲に生まれ変わっています!

当時では形にならなかったものが今、形となって世に出される。
そのドラマだけでも熱いなぁと感じました。

理想を追求したサウンド

デモ音源から広がっていったこの楽曲ではありますが、サウンド面は完全に今のfripSideのものになっています。

当時、作ることができなかった理想のサウンドを今だからできる。
その想いが滲み出ていると感じるほど非常に心地よい曲です。

間奏部分では非常に多くの音がなっているのですが、全体的には音を少なくし歌声に集中でき、聴き疲れないようになっていると思います。

気づいたらずっとリピートして聴いているのはこの心地よさのおかげだと感じます。

1コーラス前ではシンセメインだったメロディが2コーラス前ではギターサウンドに変わっていたりと変化に富む構成でもあります。

デジタルサウンドを全面に押し出しつつも、一歩先を見せてくれるそんな楽曲だと感じました。

これからも進む決意を感じるフレーズ

Edge of the Universe​の歌詞は非常にメッセージ性の強いものになっています。

これは楽曲作成のルーツが1期のデモということもあるのかもしれませんが、ずっと続いている想いであったり夢を、これからも追い求めていく決意を感じました。

過去があるから今、そして未来がある。

そしてその中で出会ったファンにも熱い想いをシンプルに伝えてくれています。

変わらない想いを この音に乗せて届け続けると
遥かな距離を超えて この宇宙 響いてく

フレーズひとつひとつの熱量が高く、どこを切り取ってもsatさんが伝えたい想いが伝わってきます。

アルバムの序盤にこういった曲があるのは「infinite synthesis2」を思い出しますね。

ずっと忘れないで 一瞬の煌めきは
虚空の彼方に残した 君と僕の夢

歌詞の最後では、ファンに向けてまた違うメッセージを送っています。

satさんがファンの声援で力を貰っていることを書いた歌詞は楽曲の「infinite synthesis」や「Side by Side」でも綴られています。

しかし、今回は願いにも感じる「ずっと忘れないで」というフレーズがあります。

今までは「ずっと忘れない」という決意を表していたのですが、この変化が個人的にはすごく突き刺さりこの楽曲のすべての世界を表しているなと思いました。

時を超えても変わらない想いとこれから先の未来を綴った、素敵な楽曲です。

satさん自身も言っていましたが、infinite synthesis4に限らずsatさんの書く歌詞はすごく作り込まれていると思います。
今後感想を書いていく楽曲でも繰り返しになるかもしれませんが、本当に歌詞が良い曲がinfinite synthesis4には多いです。

サウンドだけでなく今回のアルバムは歌詞を読むのをおすすめします!

MVではしっかりと過去のフラグを回収

(MVゲストのネタバレを含みますのでご注意ください)

Edge of the Universe​のMVは宇宙船のなかで地球の危機を救おうとする二人と、ビルの屋上で歌うシーンの大きく分けて2つのシーンで構成されています。

以前、divine criminalのMVでマンネリ化の感想を書きましたが、今回は衣装の力でそのマンネリ化を脱したと思いました笑

宇宙船のシーンの南條さんの髪型や衣装は今までのfripSideにはないテイストでした。

なんせ肩が出ている……。髪型もふわっとしたもので真新しさを感じました。

ビルのシーンでは今までのfripSideの南條さんのテイストも味わえますので、今回は衣装をしっかり見るのをおすすめします!

そして今回のゲストは……。

以前からinfinite synthesis4が出たときはお願いしたいと行っていた

「フォーーーーー!」

の人、レイザーラモンHGさんでした!!

これは「やっぱりな!」っとなったのですが、しっかりとした意味とフラグがあったので良いかなと。
divine criminalのときのマギーさんたちはちょっとだったのです笑
(マギーさんたちが悪いわけではないのですが)

infinite synthesis4を代表する1曲

Edge of the Universe​はinfinite synthesis4を代表する曲です。

infinite synthesis4には様々な楽曲が収録され、新曲も多く入っていますがその思いの根源がこの曲に込められているなと感じます。

初めて聴いたときにこの幕開けがあるからアルバムへの期待感がググッと高まったのを覚えています。

それでは、次回の感想をお楽しみに!

ABOUT ME
雨乃 晴(あめの はる)
雨乃 晴(あめの はる)
地方からライブに参加する行動派アラサー音楽オタク。 fripSide全曲感想まで突き進みます! 好きな音楽はデジタルJ-POPや日本語ラップなど、幅広く聞いています。 プロフィールアイコンはもかたる子さん。

POSTED COMMENT

  1. うめきっつぁん より:

    没デモ音源のツイート見た時は「おお!」となりましたが、それを新曲に使うって大胆ですよね~。
    satさんに解説されるまでそのカラクリに気付かなかったのが悔しい(笑)

    よくfripSideの代名詞にされる、疾走感と哀愁感。
    この曲はその二つをガッツリ一つに掛け合わせたような、アーティストfripSideの代名詞にふさわしい曲なんじゃないかと思いました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。