fripSide楽曲感想

Run into the light【infinite synthesis3 楽曲感想】

2016年10月5日発売のfripSide 4thアルバム「infinite synthesis3」の楽曲感想を書いていく連載企画です。
第10回目の今日は「Run into the light」です。

雨乃 晴
雨乃 晴
Run into the lightは独特の雰囲気を持った楽曲で、アルバム「infinite synthesis3」の芯の部分を担っている楽曲だと思います!
ダークな雰囲気と新たな音楽との「統合」と感じます。

楽曲情報

Run into the light

作詞:八木沼悟志
作曲:八木沼悟志
編曲:八木沼悟志

希望を感じる光は深く重たいダークな楽曲から

Run into the lightはイントロから重たいダークなデジタル音から始まり、南條さんの歌声も深く暗いトーンになっています。
そこからどんどんとサビに近づくにつれ声の強さが増していくのですが、その声の様子は光を求め彷徨う悲痛な叫びにも聞こえます。
南條さんの歌声に感情が乗っているのも特徴的な楽曲だと思います。

闇の中で希望という光に向かって行く様を抽象的に描いている楽曲だと思います。
どうしようもないと諦めてしまう、でもそうじゃないとあらがいたい気持ち。
そんな誰もが持つ感情をぶつけてきていると思います。

新しい音楽の方向性も抱擁するfripSideのサウンド

全体的なテイストはどこか洋楽の雰囲気を取り入れています。英語の歌詞が要所要所で入っているのも特徴的ですね。
infinite synthesis3では今までの楽曲と違い少し大人の雰囲気をもつ楽曲が多くなっています。
そしてデジタルサウンドと様々な音楽が「統合」しているのも大きな特徴だと思います。

infinite synthesis3は音楽を一度飲み込んで「fripSide」として吐き出している。そんな印象を受けました。
そして、南條さんの声がしっかりと伝わる曲構成だと感じました。
今回の「Run into the light」もリフレインするデジタルサウンドが特徴的なのですが、
単調さを感じないようにしっかりと主メロディである南條さんの歌声が響いています。

雨乃 晴
雨乃 晴
リフレインしているサウンドは「変わらない現状」、ダークなサウンドは「闇の中」を、
サビから力強くなる南條さんの歌声は「光」を表現しているように感じました。

抽象的な内容から「Dry your tears」に続く希望の歌詞

Run into the lightの歌詞はあまり言葉数が多くないため、抽象的な内容になっています。
暗闇から光を追い求める様を描いているのですが、この言葉数の少なさが聴く人の感情をしっかりと受け止めています。

共感する余白をしっかり残しているんですよね。
ストーリーを感じさせない分、聞き手側が解釈をすることができる。
この曲のテーマに合致した手法だと思います。

そして、具体的な内容を「Dry your tears」でしっかりと伝えるのも素晴らしいなと。
この二曲はセットで聴いて欲しい楽曲です。
曲のつながりも意識されていてアルバムを通して聴けば否応がなくそのまま聴くことになります。

どちらも「明日を探す強さ」や「生きていく意味」を伝えています。
このテーマを考えるのも少し大人になってからだと思うので、infinite synthesis3の新規楽曲は少し年齢層を高めに設定しているような気もします。

infinite synthesis3の音楽性を象徴する一曲

fripSideの音楽はそのときにできることをfripSideとしてやる。
そんな想いを強く感じます。

Run into the lightはその中で生まれた新しいテイストの楽曲だと思います。
ファンに向けた楽曲の「Side by Side」「One and Only」を除いた新規楽曲はこのRun into the lightのテーマを様々な方向から伝えているのかなと思います。

次回はさらに深く掘り下げた「Dry your tears」の感想になります!
Run into the lightと一緒にぜひ聴いて欲しい曲です!

ABOUT ME
雨乃 晴(あめの はる)
雨乃 晴(あめの はる)
地方からライブに参加する行動派アラサー音楽オタク。 fripSide全曲感想まで突き進みます! 好きな音楽はデジタルJ-POPや日本語ラップなど、幅広く聞いています。 プロフィールアイコンはもかたる子さん。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。