fripSide楽曲感想

Side by Side【infinite synthesis3 楽曲感想】

2016年10月5日発売のfripSide 4thアルバム「infinite synthesis3」の楽曲感想を書いていく連載企画です。
最終回の本日は「Side by Side」です。

雨乃 晴
雨乃 晴
1期のころのようなサウンドに包まれたSide by Sideはsatさんからのメッセージ・ソングになっています!

楽曲情報

Side by Side

作詞:八木沼悟志
作曲:八木沼悟志
編曲:八木沼悟志

アンコールのようにアルバムを締めくくる

Side by SideはOne and Onlyでエンディングを迎えたアルバムにアンコールのような立ち位置でしっかりと締めくくってくれます。

「Side by Side」というタイトルは日本語で「並んで」という意味になります。

fripSideにはnaoさんが歌っていた1期fripSideがあります。
南條さんが歌ってきた2期fripSideも活動期間がその1期に「並ぶ」ことになります。

また、ファンと同じように寄り添って「並んで」活動したい。
そんな意味も込められているように感じました。

fripSideを象徴する大文字の「S」があしらわれた「Side by Side」は本当に暖かなメッセージと決意に満ち溢れた楽曲です。

懐かしさを感じるSide by Sideのサウンド

硬いシンセサウンドでのキャッチーなメロディーが特徴的なSide by Side。
Virusの攻撃的なサウンドもしっかり入っていたり、要所要所でスコーンの音が入っていたり、fripSideの楽曲で使われている音が散りばめられています。

イントロのメロディを聞いたときに直感的ではあるのですが1期の楽曲の「Love To Sing」を思い出しました。どことなく似ている気がします。
音色やメロディは違うのですが、懐かしさを感じました。

satさんからのメッセージが込められた歌詞

satさんはアルバムにファンへのメッセージを込めた楽曲を収録してくれています。
「infinite synthesis2」ではそういった楽曲が多く感じられました。

今回の「infinite synthesis3」では直接的な楽曲は「Side by Side」くらいなのですが、アルバム全体でファンへのメッセージが強く込められたものになっていると思います。

Side by Sideの歌詞からは「過去を大切に、先に進む覚悟」が感じられます。

fripSideは1期と2期があり、ボーカルだけでなくサウンド面や曲調も変化しています。
以前は1期と2期のファンは少し分断されていたような印象を受けました。

しかし、2期の活動も1期と並ぶようになり、その壁はなくなってきているように思います。

そんななか、Side by Sideでは1期からのファンに向けてもメッセージを送っています。
歌い出しの歌詞なんかは少し感慨深いなぁと思います。

1コーラス目で振り返り、2コーラス目で突き進む。
ストーリー性のある歌詞で聴くと元気になる楽曲です。

夢を信じて走り出す 毎日がいつもスタート

このフレーズがすごく好きです。
「さぁ、やるぞ!」
と意気込みたくなるのがSide by Sideの魅力です!

熱いメッセージを胸に新しいステージへ!

Side by Sideでinfinite synthesis3は締めくくられます。
2期fripSideの熱いメッセージでアルバムが終わるのが最高に良いですね。

infinite synthesis3はシングル曲が豊富にあり、1期のリメイクや新規曲など多彩な楽曲がありつつも、しっかりとまとまったアルバムだと思います。

通して聴いてみても疲れることなく聞き通せるアルバムはなかなか難しいと思うのですが、
そのバランスが非常に良いアルバムだと感じました。

そのなかでSide by Sideはしっかりと印象づける熱いメッセージを残してくれています。

今後のfripSideの活動に期待が高まるような楽曲です!

ABOUT ME
雨乃 晴(あめの はる)
雨乃 晴(あめの はる)
地方からライブに参加する行動派アラサー音楽オタク。 fripSide全曲感想まで突き進みます! 好きな音楽はデジタルJ-POPや日本語ラップなど、幅広く聞いています。 プロフィールアイコンはもかたる子さん。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。