アニメ感想

アニメ されど罪人は竜と踊る 第十二話 ネタバレ感想

TVアニメ「されど罪人は竜と踊る」第12話のネタバレ感想を書いていきます!

雨乃 晴
雨乃 晴
ガユスとギギナの出会いを中心に番外編のような構成で最終話を迎えました!二人の関係を総括したような内容で今までの二人の掛け合いを思い出しました!

前回のされ竜第11話の感想はこちら

されど罪人は竜と踊る アニメ感想 まとめ

されど罪人は竜と踊る アニメ第12話(最終話)「されど我らは」の感想

今回は今までの話とは全く別の、ガユスとギギナの過去の話になります。
最終話として全く別の話になるとは思わなかったのですが、残り1話で収まる話というのも難しいと思うのでこのような話で締めくくられるのも良いと思いました。

ガユスとギギナの出会い

ガユスとギギナはジオルグの事務所に以前は所属していました。
現在は二人だけの事務所「アシュレイ・ブフ&ソレル咒式事務所」となっていますが、それまではジオルグのところで二人とも戦っていました。

そこにクエロもいたわけですね。

ガユスは戦いのあと倒れていたところをジオルグたちに拾われます。
後衛の咒式士を失っていたジオルグの事務所は後衛に長けている能力を持つガユスを仲間に加えます。

咒式士として未熟だったガユスは、憎まれ口を叩かれながらもギギナやクエロと一緒に戦っていくうちに咒式士としての腕を上げていきます。

ガユスがいつもどおり(?)早計な判断で痛手を追うのですが、クエロは身を挺して守ります。
このときのクエロは命を大事にしています。
愛する人々を守るために、敵であってもなるべく殺したくない。

笑われても馬鹿にされてもこの信念だけは、絶対に曲げない。

彼女の強い意志を感じました。

三人の絶妙なコンビネーション

このときのギギナはガユスに心を全く開いていません。
ひどく冷たい印象を受けました。
プライドの高さとガユスを見下す姿勢には愛を感じにくいです。

このギギナが時を経て今のガユスとの関係になっていくのは、事務所に二人残ったことも関係するのでしょうか。

クエロに対しては対立しつつも力を認め、仲間だと思っています。
尊敬できる関係だからこそと感じました。
ギギナはガユスにそういった尊敬の念をどこかで持ちはじめたのでしょうか。

私は私の全力を尽くすだけだ。無慈悲な処刑人にはなりはしない。

クエロの言葉が深く印象付けられます。
ズオ・ルーを狙撃したのは電撃の咒式からもクエロのようですし。
最後に登場した目の輝きを失い処刑人となってしまったクエロにも何があったか気になります。

相変わらずの口喧嘩をするふたり

物語の構成は、事務所を片付けているうちに思い出に浸っていたという形でした。
現在に時間軸が戻った矢先、ガユスとギギナの口喧嘩が始まるのは安心感をも与えてくれます。

最終話として総括するような内容ではあったもの、過去話もあり「され竜」を感じる1話になっていたと思います。

され竜の魅力はガユスとギギナの二人だからこそだと思います。
二人は喧嘩をするものの、背中を預ける相棒としてしっかりと信頼をしています。

今回の出会いの場面では全く違う関係性のため、その後二人がどういった道を歩み「相棒」として事務所を立ち上げたのか気になりますね!

され竜 アニメ 第12話(最終話)感想まとめ

今回で最終話を迎えたTVアニメ「されど罪人は竜と踊る」ですが、原作を知らない状態で見ても面白さを感じました。
アニメ化は難しいと言われていた作品でもあり、原作でしか表現されていない部分も多いと思います。
そういったところや原作ならではの面白さを失っているとの意見もありましたが、個人的には毎週楽しく見ることが出来ました。

ストーリーとしては薄くなっている部分もあったと思いますが、ガユスとギギナの掛け合いやシリアスながらもギャグ要素があったりとバランスを考えて構成していたと思います。

Blue-ray第1巻も発売されますが、その初回限定特典が、ジオルグの死後、アシュレイ・ブフ&ソレル咒式士事務所はいかにして誕生したのかを描く物語となっているのでこの最終回を見ることでより分かりやすくなるのかなと思います。

雨乃 晴
雨乃 晴
果たして2期があるのかわかりませんが、楽しみな作品ですね!

2期があればまた主題歌はfripSideと黒崎真音でお願いしたいところです!

されど罪人は竜と踊る Blu-ray発売決定!

6月27日からアニメ「されど罪人は竜と踊る」のBlu-rayが発売されます。
第一巻では第一話から第三話までを収録しています。
その後1ヶ月ごとに発売、各三話を収録していくようです!

第一巻の初回限定特典は原作者・浅井ラボ 書き下ろし小説となっています!
タイトルは『されど罪人は竜と踊る 0.91 蒼氷の後継者たち』
気になる内容は、ジオルグの死後、アシュレイ・ブフ&ソレル咒式士事務所はいかにして誕生したのかを描く物語となっています。
二人の関係性を知る第一巻にふさわしい内容ですね!

ご予約・購入はお早めに!

ABOUT ME
雨乃 晴(あめの はる)
雨乃 晴(あめの はる)
地方からライブに参加する行動派アラサー音楽オタク。 fripSide全曲感想まで突き進みます! 好きな音楽はデジタルJ-POPや日本語ラップなど、幅広く聞いています。 プロフィールアイコンはもかたる子さん。
関連記事|こちらもどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。