fripSide楽曲感想

magicaride -version2016-【infinite synthesis3 楽曲感想】

fripSide concert tour 2016-2017 -infinite synthesis 3- supported by animelo mix 開催を記念して、アルバム「infinite synthesis3」の楽曲の感想を書いていきたいと思います。本日は1期の名曲のリメイク「magicaride -version2016-」です!

magicaride -version2016-は一期の名曲「magicaride」をリメイクした楽曲で、
原曲の感想は1日1曲感想でも書かせていただきました。

【1日1曲】magicaride【感想】

一期の楽曲の中でも人気が高く、アルバムの収録曲発表で公開されてから僕が楽しみにしていた曲の一つでもあります。

楽曲情報

magicaride -version2016-

作詞:八木沼悟志,山下慎一狼
作曲:八木沼悟志

一期と二期を繋ぐ、そんな名曲に

fripSideは1期の楽曲を2期でリメイクするファンサービスを多く行っており、
これまでも「come to mind(version3)」や「before dawn daybreak -version 2015-」などを制作しライブでも披露していました。
リメイク楽曲はどれも原曲の良さをそのままに新しいサウンドと南條さんの歌声で再構築されており、それぞれの曲に新しい印象を与えてきました。

今回のmagicaride -version2016-もそんな曲たちと同じく、聴いたことのある曲なのに新鮮さを感じるそんな一曲になっています。

歌い出しは原曲と同じく歌声から始まりますが、南條さんの歌声が今まで以上に優しく包み込むように感じました。それによってその後のギターとドラムのバンドの荒々しさが際立ち
頭の中にある一期のmagicaride の記憶を呼び覚ましてくれます。
magicaride の原曲は重厚なギターフレーズと四打ちのドラムが印象的で、
個人的に分厚い重たい曲の中にfripSide特有の疾走感を感じる曲と思っていましたが、
今回のリメイクでは重厚さを押さえて、聴きやすい何度も繰り返し聴く楽曲に変化したと思います。

特にギターフレーズは単調なぶつ切り感が無くなり、変化に富むサウンドに変わっていますし
イントロのフレーズでは主役をギターに譲り、シンセの音と競合しないようにバランスを取っています。その変化がアルバムを通して感じられるfripSide のサウンドの変化に順応していて、一期の楽曲でもこのアルバムに無くてはならない一曲になっていると思います。

変わったのはサウンドだけでなく、思いが込められた歌詞にも

リメイクで特筆したい点の一つに追加歌詞があります。
magicaride -version2016-では2コーラス目のAメロ冒頭に新しく歌詞が書き足されました。
本来、Aメロの歌詞を少なくすることで1コーラス目のサビで作った疾走感を2コーラス目でも損なわないようにしていた部分に、あえて歌詞が追加されています。
1期の楽曲を聴いていた人には違和感が強く、気にせずにはいられませんでした。
そして、その違和感を生んだ歌詞が、その違和感を感じる1期のファンに向けてのフレーズなので、
もうただただ感動するしか無かったです。

君と重ねた新しい季節
繋ぐ鼓動は走り続けて

このフレーズが追加されているのですが、
1期からのファンが2期になり季節が変わってしまった。
それでも変わらず応援して一緒に走り続けてくれてありがとう。
そんな感謝の気持ちが感じられて。

僕は2期からのファンで当時の1期からと言うわけでは無いですが、
15周年を迎えようとしている今だからこそ、さらに意味を持つフレーズだと感じました。

ライブでも盛り上がる一曲!

本日はmagicaride -version2016-の感想を書きました。
僕も1期の曲で好きな曲のひとつで、そんな曲が1期と2期を繋ぐ曲に生まれ変わったのは本当に嬉しいことだと思います。
ライブでも披露されることが多くなり、ますますfripSideの定番曲になりそうですね!

ABOUT ME
雨乃 晴(あめの はる)
雨乃 晴(あめの はる)
地方からライブに参加する行動派アラサー音楽オタク。 fripSide全曲感想まで突き進みます! 好きな音楽はデジタルJ-POPや日本語ラップなど、幅広く聞いています。 プロフィールアイコンはもかたる子さん。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。