fripSide楽曲感想

【1日1曲】hurting heart【感想】

本日も感想書いていきます!fripSide 1日1曲感想企画です!
それでは、本日は「hurting heart」 です!

でも残されてたひとつの痛みだけが 生きてる証になった

本日の感想は、1期の楽曲「hurting heart」です。
4th アルバム binarydigitに収録され、
PCゲーム「神曲奏界ポリフォニカ THE BLACK」の主題歌になっています。

純粋にfripSideだと感じるサウンド

一聴した時に1期の曲なのですが、どこか2期の曲にも感じるようなメロディが印象的な楽曲です。
naoさんの声も伸びやかに響いています。
1期は音楽の実験場のような感じだったとのことですが、
この曲の延長線上が所謂fripSideっぽい曲なのかなという感じを受けたほど、
fripSideらしさが詰まっている曲だと思います。
4つ打ちのビートや、シンセサイザーの重なりあう音など凄いぎっしり詰まった曲にも思えるので、
逆に今のfripSideの曲を聞くと音の少なさに驚く気もします。
曲の勢いがよく、ライブなどでの演出などが楽しみになる曲だとも感じました。
2期でのカバーは難しいとは思いますが、個人的に楽しみな楽曲です。

その瞬間に同じ時間を感じて あなたと描く物語が始まる!

歌詞に関してはPCゲームをしてない状態なので、なんとも言えない部分もあるのですが、
痛みがあるからそれで生きていける、
そんな少し暗い部分もあるのですが寄り添う人とともに生きていきたいという決意も感じます。
また、同じ時代に生まれ出会えたことに対する感謝も感じる事ができました。
一見すると普通の歌詞も、作品の目を通して見ると印象が変わることがあるので、
この曲もPCゲームをしてから再度聞き直してみたい一曲のひとつです!

楽曲情報

・hurting heart
・fripSide(1期)4th アルバム binarydigit 収録
・作詞:八木沼悟志/山下慎一狼
・作曲:八木沼悟志
・歌詞:http://www.kget.jp/lyric/66825/hurting+heart_fripSide

さいごに

本日はhurting heartの感想を書かせていただきました。
サウンド面の印象が強い曲でしたが、傷ついた心のまま寄り添い羽ばたく二人の物語を
PCゲームで感じたいと思いました!

ABOUT ME
雨乃 晴(あめの はる)
雨乃 晴(あめの はる)
地方からライブに参加する行動派アラサー音楽オタク。 fripSide全曲感想まで突き進みます! 好きな音楽はデジタルJ-POPや日本語ラップなど、幅広く聞いています。 プロフィールアイコンはもかたる子さん。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。