fripSide楽曲感想

【1日1曲】end game【感想】

fripSide 1日1曲感想企画です!
今日はクリスマスイブですが、そんなの関係なく
「end game」の感想を書いていきたいと思います笑

僕らの未来だけは誰にも渡さない

今日の1曲は1期のアルバム「first odyssey of fripSide」に収録されている「end game」です。
アンダーグラウンドな世界観が印象的な楽曲です。

重たく響くサウンドのカッコよさが際立ってます

曲の入りからどこか切迫したような張り詰めた空気感のダークなイントロが聞こえてきます。
このイントロが本当に好きで単純にカッコいいなぁと思いました。
歌い出しのnaoさんの声が少し加工したような感じになっており、
曲の世界観にマッチしています。
the chaostic world などと同じように重たく暗い雰囲気の曲で、
疾走感などは薄いのですがこういう雰囲気の曲があるのもfripSideの魅力だと思います。

終わらせよう 強く長く続いてきたこのゲームを

闇雲に夢を追いかけていて終りのない戦いを挑み続け、
絶望しながらも歩いている、人の優しさなども信じれられない状態のAメロBメロから
サビでそれでも答えを見つけるために進もうと決意する姿が印象的でした。
2番の「永遠にくり返す過ちと後悔を 終わらせよう 強く長く続いてきたこのゲームを」
というところから、やはりAメロBメロで抱いている負の感情を終わらせたいと言う気持ちが現れています。
曲全体はアンダーグラウンド感が漂う閉塞した印象なのですが、
そういう世界観に歌声が立ち向かうように感じました。
未来は決まっていない、だから答えを見つけるために君を思い続けると言う決意を感じました。

楽曲情報

・end game
・fripSide(1期)1stアルバム「first odyssey of fripSide」収録
・作詞:八木沼悟志
・作曲:八木沼悟志

さいごに

今日はend gameの感想を書きました。
2期のfripSideではあまり見られなくなった重く暗い曲の1つですが、
単純にカッコいい楽曲でthe chaostic world と同じくALTIMA とかでカバーして欲しいなぁと個人的に感じた楽曲です! 

ABOUT ME
雨乃 晴(あめの はる)
雨乃 晴(あめの はる)
地方からライブに参加する行動派アラサー音楽オタク。 fripSide全曲感想まで突き進みます! 好きな音楽はデジタルJ-POPや日本語ラップなど、幅広く聞いています。 プロフィールアイコンはもかたる子さん。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。