fripSide楽曲感想

【1日1曲】I’m believing you【感想】

さて、fripSide 1日1曲感想企画です!
本日はリクエストにお応えして「I’m believing you」 です! 

交わした誓い 嘘はないのに 離れる心が痛いよ

今日の1曲はリクエストをいただきましたので
fripSide2期のアルバム「infinite synthesis2」に
収録されている「I’m believing you」です。
南條さん作詞の切ない恋の終わりを表現した曲です。

様々な捉え方のできる物語と感情を支えるサウンド

fripSideの王道とも言えるサウンド、シンセの洗練された音に緩急のある構成
そして、転調もしっかりあってそのサウンドに、南條さんの切ない恋の終わりの歌詞が
重なり、胸が締め付けられる楽曲になっています。
今まで紹介してきた切ない楽曲ともまた一味違う歌詞が個人的に印象的でした。

この物語の感じ方は人によって変わってくる気がします

サウンド面に関しては良い意味で王道だと思ったので、
今回は歌詞について書きたいと思います。
この歌詞の情景は、愛しあった二人の悲しい結末を描いているのですが
表題にあるように「I’m believing you」私は信じ続けてるという曲だと
そう思っていました。
すれ違いで離れ離れになってしまったけど、私はあなたを信じ続けていくよ。
という、女性目線の切ない歌詞なのかなぁと。

でも、リクエストをもらって改めて歌詞を見ながら視聴してみると
ただ信じてるだけの曲ではないなと感じました。
サビの
「Time gose by
I’m believing you
I’ll be alone」
意味的には「時がたっても私は信じてる、でも私は一人になるのかな・・・」
こんな感じでしょうか。
他の歌詞の中でも気づいていたけど、信じていたから何もできなかった。
そんな少し後ろ向きな感情も見えてきます。

出会いはじめの情熱的な関係がずっと続いていくと思っていたけど、
相手には他の誰かを見ていることに気づいてしまった。
でも、今までの関係を信じていたから疑うこともできずに時だけが経っていってしまった。
その気持ちを変えようと二人で過ごした街をひとりで歩いて思い出を思い出し
気持ちを出逢った頃の時に戻そうとしても最終的には
「But, I’m alone」とひとりになってしまう、サビの変化も物語の結末が見れていいですね。

個人的には主人公は相手を信じ続けていたというよりも、
関係が終わることもわかっていて、もう独りになることは分かっているけど
信じ続けないと自分が保てなくなるから、
信じさせて裏切らないでって言う少し悲痛な叫びにも聞こえてくるような気がします。

楽曲情報

・I’m believing you
・fripSide(2期)3rd アルバムinfinite synthesis2収録
・作詞:南條愛乃
・作曲:八木沼悟志
・歌詞:http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=k-130508-115

infinite synthesis 2 [ fripSide ]
infinite synthesis 2 [ fripSide ]

さいごに

今日はリクエストにお応えしてI’m believing youの感想を書かせて頂きました!
なんかこの曲いろいろな見方ができる曲だと感じました。
ストーリーの本筋はわかるけど、そこにどう感情をのせるのか。
聞いている人のいろいろな感情を受け止めることもできるそんなfripSideらしい楽曲だと思います!
 

ABOUT ME
雨乃 晴(あめの はる)
雨乃 晴(あめの はる)
地方からライブに参加する行動派アラサー音楽オタク。 fripSide全曲感想まで突き進みます! 好きな音楽はデジタルJ-POPや日本語ラップなど、幅広く聞いています。 プロフィールアイコンはもかたる子さん。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。