fripSide楽曲感想

Answer【infinite synthesis3 楽曲感想】

fripSide concert tour 2016-2017 -infinite synthesis 3- supported by animelo mix 開催を記念して、アルバム「infinite synthesis3」の楽曲の感想を書いていきたいと思います。

本日はfripSideの新しいバラードの形を示してくれた楽曲
「Answer」です!

Answerはinfinite synthesis3で新しく製作された、落ち着いた聴き込む楽曲になっています。
尖ったシンセサイザーが印象的な楽曲が多いfripSideですが、
この曲は少し暗く重たい印象の曲になっています。
しかしながら、単純に暗いだけ楽曲ではなく、誰もが共感できる楽曲だと思います。

感情に富んだ歌声とドラマティックなサウンド

歌い出しから南條さんの憂いを帯びたような、寂しげな歌声が響いてきます。
それに支えるサウンドもピアノが中心に静かな感情を表現していて、
イントロから重みを持った構成になっています。
一聴した際、fripSideの曲だとはだとわかるのですが、
どこか今までの曲と違う方向性の曲だなぁと感じました。
このアルバムの中にある少し落ち着いて聴ける、そんな立ち位置の楽曲だと思います。
ストリングスなどの音が重なり、ドラマティックな展開を持つ楽曲なので、
単純に悲しいや重たいというわけではなく、一つのストーリーを持った曲だと思いました。
fripSideのバラードは南條さんの歌声はできる限りフラットに、
聴く人の感情を乗せやすいように構成されていることが多かったように思いますが、
今回は南條さんの物憂げな感情がにじみ出ていて、それに僕たちの感情が寄り添う
そんな楽曲に感じました。

誰もが感じる変わらない現実を描写した歌詞

その楽曲のイメージをさらに広げていくのが南條さんの作詞した歌詞になります。
南條さんの書く歌詞にはどこか希望があって、そこに踠きながらも向かっていく。
そんな前向きな曲が多いのですが、この曲にはそういった光が見えない世界です。
「頑張れ!」「なんとかなる」そういった楽観的なものではなく、
ひたすらに現実的なワードで、大人な感情を表している歌詞だと思います。
しかし、光が見えなくて暗いだけの楽曲というわけではなく、
開いた手のひらに何も見えなくても、そういうことはあるよね、実際。
という共感を生む歌詞になっています。
この共感が感情のこもった南條さんの声と相まって、感情を揺さぶってきます。
人のどこかにあるこの閉塞感を、うまく表現していると思います。

そして、冒頭の歌詞が、最後にリフレインされるのですが
このリフレインの時に聞いた人の感情が少し変わっているような気がして。
そこにハープの切なくも温かいメロディが新しく加わり、
変わらない日常の中の変化を感じることができます。

新しいfripSideのバラードの形

本日はAnswerの感想を書きました。
アルバムの中でもそして今までのfripSideの楽曲の中でも少し変わった雰囲気を持つ楽曲ですが、
ゆっくりと音楽を楽しむ。そんな方向性を見いだすことができる楽曲だと思います。
勢いのあるデジタルサウンドの中に、あえて人間味のある楽曲が加わることで互いの良さを引き立てているように感じました。

 

ABOUT ME
雨乃 晴(あめの はる)
雨乃 晴(あめの はる)
地方からライブに参加する行動派アラサー音楽オタク。 fripSide全曲感想まで突き進みます! 好きな音楽はデジタルJ-POPや日本語ラップなど、幅広く聞いています。 プロフィールアイコンはもかたる子さん。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。